講師のブログ

Access講座講師のブログ-大いなる沈黙へ

投稿日:2014年7月13日 更新日:

Access講座の講師Sの個人ブログです♪

 

岩波ホールで上映されている

大いなる沈黙へ

を見てきました

映画おおいなる沈黙へ

 

どんな内容かはチラシの説明をそのまま転記します↓

グランド・シャルトルーズはフランスアルプス山脈に建つ伝統的な修道院。
これまで内部が明かされたことはなかった
1984年に撮影を申請、16年後に扉が開かれる。
差し出された条件は音楽なし、ナレーションなし、照明なし
中に入れるのは監督一人のみ。
そして5年後、完成した映画は大きな反響を巻き起こす。

2時間49分の長いドキュメンタリーです。
↑の説明どおりBGMも効果音もナレーションもありません。
上映中、咳をする人が、映画の鐘の音に合わせるほど、
見ている側もできるだけ音をたてないように緊張感みなぎりです

音楽は修道士が謳うキリエと賛美歌のみ。
効果音は木のざわめきや修道士の靴音、賛美歌のページをめくる音や雨音。
修道士の祈る映像と映像の間に雲が流れ、陽がさし、雨が降り、雪が降ります。
もちろんストーリーはありません。

ずっと、修道院の生活=修行 というイメージがあったのですが、
この映画を見て考えが変わりました。

修道院の生活って、「神様」というものから一時も離れないことを極めた生活なんだなと。
辛そうな感じがまったくありません。
祈って祈って祈り倒す

見終わった後、感動というよりは複雑でした

ただ、毒が抜けた感じ

ちょっとでも眠いときは爆睡まちがいなし
私の前の列に座っていたおじさんは上映開始3分後に揺れ始めましたぜ
8/22までだそうです

-講師のブログ

Copyright© ネーブルス Access講座 , 2021 All Rights Reserved.